ガレージハウスとは?魅力・メーカー選びのポイント・注意点など失敗しないコツなどをご紹介します

このサイトでは、最近人気のガレージハウスの魅力やメーカー選びのポイントだけでなく注意点や失敗しないコツなどを実例を交えて紹介していく予定です。
駐車場月の物件ということで、賃貸市場でも空室待ちの物件が多数という市場価値の高さも特徴となっています。
これから経営を考えているなら、建てる前に使い方を考えて置いたりより人気の間取りはどのようなものなのかについても検討をするのがポイントですし、役立つ情報が満載です。

ガレージハウスとは?魅力・メーカー選びのポイント・注意点など失敗しないコツなどをご紹介します

車を収納できる駐車場付きの物件は多数ありますが、賃貸住宅で戸建てのような感覚で使えてプライバシーも確保されたり車の盗難やいたずらの心配がないのがガレージハウスです。
特に最近のものは2台停められたり、洗車ができるような水栓がついていた李と至れり尽くせりな物件が得人気です。
ガレージハウスは、スポーツカーや高級車を持っている方に特に人気がありますし、ネットでも記事に取り上げられることが多く流行の兆しです。

そもそもガレージハウスとはどのような建物?

ガレージハウスとは、人が居住する住宅部分と、マイカーのための車庫とを一体化した建物のことです。
多くの場合、たとえマイカー用のガレージを自宅敷地内に持っているときでも、それは家の軒先などにスペースを設置したものであって、住宅と一体化しているわけではありません。
ガレージハウスでは、ガレージが建物と一体化しており、1階部分にクルマを停めておくようなイメージです。
つまり車の出入り口となる開口部があり、周囲には壁があって、当然天井もありますし必要に応じて窓も設けられています。
開口部にシャッターなど扉をつけるかどうかはケースバイケースです。
もっとも大きなメリットは、一般的なカーポートなどに比べるとマイカーがしっかりと物理的に守られているということでしょう。
風雨や直射日光などもそうですし、いたずらとか盗難被害などに対しても当てはまります。
このほか、雨の日でも濡れずに乗り降りできるなど動線上の利点もあります。

ガレージハウスと一般住宅との違い

ガレージハウスと一般住宅との違いですが、マイカーを停めるための車庫が住宅と一体化していることが最大のポイントになります。
イメージ的に言えば、住宅建物の横とか隣にカーポートがあるのではなくて、建物の1階部分の一角が駐車場になっているようなものがガレージハウスと考えれば良いでしょう。
大きな利点は、クルマが物理的に守られているということです。
家の隣とか横にあるカーポートでは、たとえ屋根とか門扉があったとしても風雨は吹き込みますし、直射日光が当たることもあります。
いたずらとかもっと悪いことには盗難の被害も考えられるかもしれません。
ガレージハウスの場合は住宅と一緒になっているイメージですので、これらの被害から物理的にしっかりと守られていることになるわけです。
さらには雨の日でも濡れずに車に乗り降りできますし、車を降りればすぐに屋内ということで歩く距離も短くて済みます。
子供や高齢者、荷物が多いときなどはありがたいでしょう。

ガレージハウスを建てるメリットとは?

ガレージハウスを建てるメリットですが、いくつかの利点が考えられるものの、一番大きいのは車がしっかりと守られている度合いが高いということです。
基本的には周囲には壁があって屋内と同じようなイメージですから、雨や風が直接吹き込むようなことがありません。
直射日光が当たるようなこともないでしょうし、より大事なことかもしれませんが防犯性も高いです。
敷地内にガレージがあり、かつ雨に濡れることもなく室内からほぼ即座に乗り込むことができるガレージハウスの利点は、小さい子供や高齢者がいる家庭には大きいですし、荷物が多いときなどにはよりありがたみを感じることになります。
限られた敷地面積の場合、ガレージを設置することを諦めてしまう人もいるかもしれませんが、近隣に駐車場が借りられるとは限りませんし、仮にほんの数十メートル程度の距離であっても利便性は段違いとなります。
もっと遠い場合はなおのことで、自宅内にガレージがあるメリットを感じることになるはずです。

DIYや倉庫などにも活用できるのがガレージハウスの良いところ

ガレージハウスを建てようと考えている方が結構いるかと思われます。
狭い土地でも駐車場を確保することができますし、大事な車を雨風から守ることができることもメリットです。
外に置いておくと劣化するスピードが速くなるため、車好きの方からの人気が高くなっています。
また、防犯対策になることも特徴の一つに挙げられます。
車上荒らしや車の盗難被害は決して少なくないことを考えると、ガレージハウスにすれば守ることが可能です。
そして、DIYや倉庫などの遊び場として活用することもおすすめです。
広いスペースになるので、DIYをするときは車を出して作業スペースとして使えます。
家の中でDIYをすると汚くなりますし、屋外だと雨天時はできないので、ガレージハウスを活用することは賢明な選択です。
人によって様々な使い方があるので、ガレージハウスを所有している人の意見も参考にしてみてください。
所有したい気持ちがさらに高まるはずです。

著者:小山田昭彦

筆者プロフィール

大阪府堺市生まれ。
趣味のバイクが高じてガレージハウスを購入!その魅力をネットで発信しています。
ガレージハウスを大阪で